ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


工学としての AI、理学としての AI --- RoboCup を題材として ---

タグ :
日時 : 2009年9月1日(火) 16:30~17:30
受講スキル :
計算機、人工知能基礎
受講者が
得られるで
あろう知見
人工知能の技術は、どのように使うことができるのか、どのような可能性があり得るのかについての知識や事例。

セッションの内容
RoboCup サッカーは、リアルタイムの思考を要求する分野であり、また、学術的AIの進化のための実験の場でもある。
同時に、サッカーゲームとして、デジタルゲームと非常に親和性の高い分野であり、RoboCup サッカーは、学術的AIとデジタルゲームAIを繋ぐ場でもある。
この講演では、RoboCup サッカーの第一人者である野田五十樹が講演する。


講演資料

  • AC40.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

野田 五十樹

野田 五十樹
所属 : 独立行政法人 産業技術総合研究所
役職 : 情報技術研究部門 主任研究員
1992年京都大学大学院工学研究科電気工学第2専攻博士課程修了。
同年、通商産業省工業技術院 電子技術総合研究所。
2002年、独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員。
1999-2000年、スタンフォード大学言語情報研究センター滞在研究員。
北陸先端科学技術大学院大学連携講座教授、東京大学大学院客員助教授、筑波大学大学院連携講座教授。
博士(工学)。
神経回路網、機械学習、マルチエージェントシステム、社会シミュレーション、災害情報システムの研究に従事。
人工知能学会、情報処理学会、日本神経回路学会員。
RoboCup Federationa、ロボカップ日本委員会、防災推進機構 理事