ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


全身ディスプレイ型「ゲーミング・スーツ」による新しいゲーム表現形態の提案とその応用について

タグ :
日時 : 2015/8/27(木) 11:20~11:50
形式 : ショートセッション
プラットフォーム : その他 
受講スキル :
ゲームコンセプトワーク、遊び、インターフェース技術、センシング技術、インタラクティブアート、シリアスゲーム等に
ついての簡単な基礎知識があって、新しいことに興味のある方。
受講者が
得られるで
あろう知見
ゲームシステムの構成手法。新たな遊びの発想と思考法。ゲームの他領域への活用法。

セッションの内容
ウェアラブル型のドットマトリクスLEDディスプレイを全身に装着し、プレイヤ自身の体の動きをセンシングしてゲームをコントロールして遊ぶ、プレイヤ・ディスプレイ・コントローラの三要素を三位一体に構成した「ゲーミング・スーツ」による今までにないエンターテインメントとしての新しいゲーム表現形態を提案いたします。また、開発中の実機を用いて実演も行います。
そして、「新しい遊び」の提供、演舞としてのアート表現への可能性、リハビリテーション等への応用についてもお話しいたします。
インタラクティブセッションにおいても実演を行います。


講演資料

  • C15_89.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

岩谷 徹

岩谷 徹
所属 : 東京工芸大学
部署 : 芸術学部ゲーム学科
役職 : 教授
東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 教授
1977年に(株)ナムコ(現:(株)バンダイナムコエンターテインメント)に入社する。
1980年にビデオゲーム「パックマン」を制作し、その後「パックランド」、「リッジレーサー」、「アルペンレーサー」、「タイムクライシス」などをプロデュースする。
日本デジタルゲーム学会 副会長、(株)バンダイナムコエンターテインメント フェロー
著書に『パックマンのゲーム学入門』(エンターブレイン社)がある。
《講演者からのメッセージ》

全身ディスプレイのウェアラブル型の「ゲーミング・スーツ」による、新しいゲーム表現形態とアート表現への可能性について実験的に研究・開発しています。実機による実演も行いますので、「新しい遊び」を一緒に考えていきませんか。