ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


アメリカで学んだ分析の効率化(Tableau)とゲームを深く分析する手法

タグ :
日時 : 8月25日(木) 16:30~17:30
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : PC  モバイル 
受講スキル :
分析に興味のあるかた、よりゲームの分析を効率的に深く行いたい方。初歩的なゲームKPI (DAU・ARPU等)の知識前提でお話しします。
受講者が
得られるで
あろう知見
アメリカでの分析事例(効率化方法)
ゲームを深く理解するための実践的な手法
各種KPIの目標数値
ゲーム分析効率化のビジネスメリット

セッションの内容
ゲームの分析は重要ではありますが、現場ではアドホック分析が残ってたり、DAUやARPU等基本KPI以上に深くゲームの分析ができてなかったりします。アメリカではTableauをつかうことが増えてきており、本セッションではTableauやJenkins等を使った分析自動化の例と分析効率化がもたらすビジネスメリット。そして実際にゲームを理解するための分析手法を紹介します。


講演資料

  • C16_58.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

古森泰

古森泰
所属 : GREE International Inc
部署 : LTV Group
役職 : Product Manager
グリー株式会社 WestGame事業本部 Senior Manager
GREE International inc LTV Group Product Manager

2007年早稲田大学経済学部経済学科卒業。3年間サーバーエンジニアとして経験を積んだ後、2010年よりグリー株式会社でハコニワ , 北米向け聖戦ケルベロス, IPゲームの3つのゲームのProducerを務める。その後、GREE International Incに出向。Crime City , Modern War , Kingdom Age , Knights & DragonsのProduct ManagerおよびMarketing TeamのBIを務める。

要約するとゲームの分析中心にプロダクト全体をどう方向付けていくかという仕事をしています。
《講演者からのメッセージ》

昨今、日本のモバイルのトップセールスでも欧米のゲームが依然より多くなってきた気がします。しかし、日本のゲームが欧米のマーケットで上位に入ることは中々難しいのかなと感じています。
日本のゲームを海外へ!そういう思いで今回、米国で学んだ分析事例やゲームの傾向などを紹介させて頂きます。みなさま米国攻略のお役にたてればと思います。