ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


LOST REAVERSにおけるAI Directorの試み

タグ :
日時 : 8月25日(木) 14:50~15:50
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ 
受講スキル :
ゲームAIに興味のある方、AIを使って遊びに広がりを持たせたい方。
ナビゲーションメッシュなどのゲームAIの要素技術の簡単な概要を知っているとなお良い。
受講者が
得られるで
あろう知見
AIを使ったレベルのコントロールによりどのような効果が生まれるのか。
動的なペーシングを行う手法の一例。

セッションの内容
AI Directorは、メタAIとも呼ばれるレベルを動的にコントロールするAIです。F2PタイトルであるLOST REAVERSでは、幅広い層にリーチするためのスキル差によらない遊びやすさの構築や、リプレイ性の向上のためにAI Directorを活用しています。ゲームには緩急をつけると面白くなることが一般的に知られており、それを動的にコントロールするペーシングがLOST REAVERSのAI Directorの大きな役割になっています。本セッションではこのペーシングに焦点を当てて、LOST REAVERSでどういう課題があって、それをどのように解決したのかを紹介します。


講演資料

  • C16_56.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

長谷 洋平

長谷 洋平
所属 : 株式会社バンダイナムコスタジオ
2009年、株式会社バンダイナムコゲームスに入社。
エースコンバットシリーズ、鉄拳シリーズなどにゲームプレイプログラマとして携わる。
現在はAIプログラマとしての研究・開発が主な業務。

・過去講演
複数タイトルで使われた柔軟性の高いAIエンジン, CEDEC2015
《講演者からのメッセージ》

このセッションでは、ゲームでよくつかわれるキャラクターを制御するAIとは少し違ったAIを紹介します。