ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


掌と同化したタッチパネル

タグ :
日時 :
形式 : インタラクティブ
受講スキル :
タッチパネルや携帯機器のユーザ−インタフェースに興味のある方。触覚インタフェースに興味のある方。
受講者が
得られるで
あろう知見
従来のタッチパネルとは異なり、掌の上で操作する体験が得られるタッチパネルを展示いたします。これまでにないタッチパネル操作を体験して頂けます。

セッションの内容
様々な携帯情報端末にタッチパネルが搭載されている。タッチパネルは画面の上で操作するUI(User Interface)である。これに対して我々は、画面ではなく、タッチパネルを把持した掌の上で操作する体験が得られるUIを提案する。これを実現するためにタッチパネルの背面に電気触覚ディスプレイを貼付し、タッチパネルへの指先の押下を電気触覚として背面の掌に提示すると共に、画面の映像も触刺激として掌に提示する。掌の上で操作することで、従来視覚的にしか認識できなかったグラフィックスの位置や感触や動きやリアクションなどを掌の触覚として認識出来る。そのため、より正確にタッチパネルを操作できるようになると考える。


講演資料

  • C11_P0216.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

福嶋 政期

福嶋 政期
所属 : 電気通信大学 総合情報学専攻
役職 : 梶本研究室   博士後期課程
2008 年 3 月電気通信大学人間コミュニケーション学科卒業.2010 年 3 月電気通信大学大学院人間コミュニケーション学専攻博士前期課程修了.現在同大学院博士後期課程在学中.2011 年 4 月日本学術振興会特別研究員 (DC2).触覚ディスプレイ・ヒトの情動に着眼したヒューマンインタフェースの研究に従事.日本バーチャルリアリティ学会会員.

梶本 裕之

梶本 裕之
所属 : 電気通信大学 総合情報学専攻
役職 : 梶本研究室   准教授
2001年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)

2003年4月 東京大学大学院情報理工学系研究科 助手

2006年9月 電気通信大学人間コミュニケーション学科 助教授

2007年4月 同准教授