ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


【ラウンドテーブル】ワーママ・ワーパパたちの働き方改革を共有しよう!そして、何か新しい行動を興してみよう!

タグ :
日時 : 2018年8月23日(木)11:20〜12:20
形式 : ラウンドテーブル
受講スキル :
・今後、妊娠・出産を考えている方(パートナー含む)
・育児をしながら働いている全ての方
・共有したい、自社事例などある方
・上記案件で、相談したい状況にある方
受講者が
得られるで
あろう知見
・ワーママ、ワーパパの仲間が増え、今後の仕事や、社内での動きに、広がりが生まれます
・他社事例による、直面しうる問題と、それに対する具体的な対応例を知りえることができます
・自ら、行動を興そう、とする主体性を身につけていただきます

セッションの内容
※こちらのラウンドテーブルはタイムシフトパス以外のすべての受講パスで受講可能です※
2017ラウンドテーブル、「WM(ワーキングマザー)開発者の悩みとその解決策を共有しよう!-ワークライフバランス実現のためのTIPS」 参加後、セガで行ってきた、セガWMたちの動きに関して共有します。

セガでのその後1年の動きを説明後、前回同様、5~7人程度のグループに分かれて、皆さんの会社では、この1年でどのような動きがあったか、働きかけを行ったか、等、情報の共有をしていただきます。
(できれば、1グループに最低1人は男性に入っていただきたいと思っています。男性の皆さん、どうぞ、躊躇せず輪に入ってきて下さいね!大大大歓迎です!)

その後、グループごとに発表。
他社事例の情報を共有し、各自、自社へ持ち帰り。
それぞれの会社で、何か新しい1アクションを興していただきたいと思っています。
業界の、これからの働き方改革に繋げていきましょう!

勇気を共有できるようなラウンドテーブルにしたいです。

※ラウンドテーブル後は、希望者を募りランチ交流会の開催を検討中。(自費)
 CEDECでの出会いを、大切に繋げてきたいです。
 「夜の交流会には参加できないけど、ランチタイムなら!」
 という方は是非に!


講演資料

  • CEDiL_1872_0.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

茂呂 真由美

茂呂 真由美
所属 : 株式会社セガゲームス
部署 : IP&ゲーム事業部 開発統括部 企画開発運営部
コンシューマーゲーム開発デザイナーとして入社。
パンツァードラグーンRPG『アゼル』フィールドデザイン/モデリング
『スペースチャンネル5』コンセプトアート/キャラクターデザイン/モデリングチームリーダー
『スペースチャンネル5 パート2』アートディレクター

「ソニックチャンネル」(ソニック公式ポータルサイト)ディレクター(2005~2009)

手描きソニックシリーズ担当(企画原案/ディレクター/アートディレクター/原画作成)
『そにっく・ざ・スケッチほっぐ』
『そにっく&ているす空中散歩』
『そにっく じゃんぷ』(育休中のため企画原案&原画作成のみ)

『ばくばくアニマル』(auスマパ)スマホ版企画原案/ディレクター/アートディレクター/原画作成
『ばくばくカメラ』(auスマパ)企画原案/ディレクター/アートディレクター/原画作成

『ARタッチ わんちゃんがやってきた!』(テレビーナ)ディレクター/アートディレクター
『ARタッチ しまじろうのえいごアクティビティ ABCパークであそぼう!』(テレビーナ)ディレクター/アートディレクター

現在、『D×2 真・女神転生 リベレーション』公式Twitter等、SNS系担当

小2、中2、6歳違いの姉妹の母。
「小1の壁」という言葉がありますが、子どもの送迎がなくなるだけで、格段に働きやすくなります。
保育園生活を乗り切れば、仕事を長く続けていくことは可能ではないかと思っています。
《講演者からのメッセージ》

コンシューマーゲーム開発出身、プロパーのワーママでは最年長。
お子さんを持つワーママの先輩方はいましたが、皆さん何年か経つと辞めていかれました。

子どもを育てながらでも、安心して働き続けることができる、働き続けたいと思える職場とはどんな環境でしょうか?

貴方は、職場に何を望みますか?

会社が変わるのは時間がかかることかも知れません。
しかし、誰かが動かないと、変わることはありません。

弊社も、働き方改革については、まだ手探りな状況です。

職場環境改善のため、私たちにできることは何でしょうか?
一緒に考え、協力し合い、それぞれの自社を成長させていきませんか?
後に続く、後輩たちのためにも。

今、
一人一人が、動く必要があると考えています。
できることから、一緒に始めてみませんか?

ラウンドテーブルの結果をそれぞれの職場に持ち帰り、新しい行動を興す、最初の一歩の手助けになればと思い、企画しました。

現ワーママ、ワーパパだけでなく、将来設計に漠然と不安を抱いている若い方々も大歓迎です!

鈴木 こずえ

鈴木 こずえ
所属 : 株式会社セガ・インタラクティブ
部署 : 第二研究開発本部
役職 : デザイナー
アーケードゲーム開発でモデラーをしています。小2の娘の母。小1の壁を越えたばかりです。Virtua Fighter4、Quest of D、SEGA GOLFCLUB、MJでキャラモデリングを担当。2010年に娘を出産したとき、所属の部の開発メンバー女性では最初の例でした。そもそも少なかった女性の先輩方は、業務が多忙すぎて出産を考えると会社をやめてしまっていたのです。10か月後に復職しましたが、周囲の方、上長、そして夫の理解と協力の元、ラッキーなことに1羽目のペンギンとしてなんとか続けてこれたなぁ…という思いです。
《講演者からのメッセージ》

昨年度のCEDEC WM(ワーキングマザー)ラウンドテーブルに参加後、『今後のために何かできることがあるかもしれない!』と考え、セガゲームスの茂呂さんをはじめとしたグループ会社のWM、部内WMと連携し、セガ・インタラクティブ内に産休育休ロードマップページの作成、Teamsでセガグループ全体のWM/WPコミュニティ立ち上げ、セガサミーグループ全体を挙げて取り組んでいる「働き方改革プロジェクト」に対して開発現場からの意見を取りまとめて提出等、できるところから様々な取組を行っています。まだまだ試行錯誤中ですが、ゲーム業界で働くママ、パパ、プレママ、プレパパさん、これから子供が欲しいと思われている方へ、育児と働き方についての情報や悩み、解決策を共有することで、ワークライフの改善につながることを願っています。