ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


オートプレイによる最適なパラメータシミュレーション〜自動化時代のゲームフレームワークに求められること〜

タグ :
日時 : 2018年8月22日(水)17:50〜18:50
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : モバイル 
受講スキル :
ゲーム開発・運用経験
受講者が
得られるで
あろう知見
説得力のあるパラメータの実現ノウハウ

セッションの内容
ゲームの運用において、日々リリースされる新要素(エネミーやステージなど)のデザイン、パラメータ設定は、ゲームの面白さに直結する非常に重要な仕事の1つです。
しかし、エントリープレイヤーからヘビープレイヤーまで幅広い層が楽しめるよう適切にデザイン、パラメータ設定を行うことは、熟練のゲームプランナーにとっても容易ではありません。
本セッションでは『ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜』運用チームに導入されている、オートプレイにより最適なパラメータシミュレーションを行う枠組みについて紹介します。
さらに、プロジェクトを通じて認識した自動化時代のゲームフレームワークに求められることについてもお話しします。


講演資料

  • CEDiL_1800_0.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

尾崎 嘉彦

尾崎 嘉彦
所属 : グリー株式会社
部署 : 開発本部
役職 : エンジニア
2017年に新卒としてグリーに入社。
入社後、ゲーム・メディア事業における機械学習・大規模データ活用業務に従事。
『ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜』では、ユーザデータ分析・アプリケーション操作の自動化等を担当。
《講演者からのメッセージ》

自動化を活かしたゲーム運用の事例として、皆様の制作の参考になれば幸いです。

細谷 伊佐武

細谷 伊佐武
所属 : グリー株式会社
部署 : Wright Flyer Studios事業本部
役職 : シニアゲームデザイナー
2009年にGREE入社。
フィーチャーフォン用モバイルゲームの「探検ドリランド」「釣り★スタ」「聖戦ケルベロス」をエンジニア兼プロデューサーとして担当。
その後、スマートフォン用モバイルゲームである「パズクエ」「アナザーエデン」をプランナーとして携わる。
現在は、「ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜」にて、イベントプランナー・バトルプランナーのリードを務める。
《講演者からのメッセージ》

プランナーの方の悩みを一つでも解決する知見があれば幸いです。