ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


専門職必見!これからクリエイターに必要な力とは  ~バンナムで8年間行われたリーダー育成研修~

タグ :
日時 : 2013/08/23(金) 14:50~15:50
形式 : セッション(60分)
受講スキル :
・職種に限らず、もっとうまく仕事をしたいと思っている方
・部下に、もっと優れた社員になって欲しいと考える方
・ご自分の今後のキャリア、人材育成、研修に興味のある方ならどなたでも
受講者が
得られるで
あろう知見
・これまでクリエイターに足りていなかった事、これから必要とされるであろう事

セッションの内容

バンダイナムコスタジオでは以前から、クリエイター向けに育成施策を行ってきたが、その中でもクリエイター自らがカリキュラム作成し講師を行った、とある研修が高い効果を上げている。


川口忠彦は法政大学法学部を卒業後、ビジュアルデザイナーとしてナムコに入社し、「SEVEN~モールモースの騎兵隊~」でアートディレクター、「VENUS & BRAVES ~魔女と女神と滅びの予言~」ではディレクターを務めた変わり種のアーティスト。


そんな川口がゲーム開発の現場において強く必要性を感じ、作成したリーダー育成の為のオリジナル研修。1クラス4人制、1年間に渡るカリキュラム。その内容は社内でも公開されていないにも関わらず、毎年あらゆる職種の社員が門を叩き、卒業生は8年間で約50名にのぼる。


受講した社員にはどのような変化があり、上司からはどのような評価をされているのか?


川口が内容の公開を避け続けた理由、その内容とは?そして今、クリエイターに足りていないこととは?


昨年CEDEC2012での中二病講演で好評を博し、この研修の卒業生でもある河野が、そのポイントを明らかにする!


講演資料

  • C13_113.ppt

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

河野紀子

河野紀子
所属 : 株式会社バンダイナムコスタジオ
役職 : ET開発本部 エンターテインメントテクノロジー開発部門 アニメーション部 アニメーション課 課長補佐 / リードアニメーター

(有)アニメアールにて原画マンを経て、株式会社スクウェア(現・(株)スクウェア・エニックス)に入社。そこで初めて3Dを学び、株式会社ナムコ(現・(株)バンダイナムコスタジオ)へ。
3Dのインゲームアニメーション、2Dのカットインアニメーション、カットシーン制作など2Dと3Dを行きかうハイブリッドアニメーター。
昨年のCEDECでは「ユーザーに中二キャラクターとしての認知に成功したアニメーション・メソッド ~ゴッドイーターから贈るフィジカル中二論~」を講演。
Twitter https://twitter.com/kounonoriko


《講師からのメッセージ》

このセッションでは、難しいビジネス専門用語や手法の紹介は一切ありません。
クリエイターが陥りやすいロジックとその打開策を、どなたでもご理解いただけます。