ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


「コリジョン抜け」を防ぐための衝突検出テクニック

タグ :
日時 : 2013/08/22(木) 14:50~15:50
形式 : セッション(60分)
受講スキル :
ゲームプログラミングと剛体シミュレーションに関する基礎知識
受講者が
得られるで
あろう知見
コリジョン抜けの発生する原因と、その対策

セッションの内容

物理シミュレーションによる挙動計算を活用するような3Dゲームでは、離散的なステップで時間を進めていくため、常にコリジョン抜けの問題がつきまといます。ボールが床を突き抜けたり、キャラクターの手足が壁に突き刺さったり、と不自然な現象が起こるだけでなく、何も対処しないと必要なアイテムが取れなくなり、最悪のケースではゲームが進行不可能になる恐れがあります。本セッションでは、コリジョン抜けの発生する原因の解説とその対策方法として、比較的低コストで実用的と思われる手法を紹介します。


講演資料

  • C13_27.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

松生 裕史

松生 裕史
所属 : ソニー・コンピュータエンタテインメント
役職 : 第1事業部ソフト開発部

主に、内製物理シミュレーションライブラリの開発とゲーム制作のサポート業務に従事しています。

過去、CEDECでは2009年に「ゲーム物理の扱い方」の講演を担当、2010年からは例年、「ゲーム開発マニアックス(物理シミュレーション編)」のパネリストとして参加しています。書籍は「Game Physics Pearls」(A K Peters Ltd.)の第3章、「ゲーム制作者のための物理シミュレーション 剛体編」(インプレスジャパン)の執筆を担当しました。