ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


高品位フォントは、こうして生まれる~クオリティの追求とテクノロジーへの挑戦~

タグ :
日時 : 8月31日(木) 17:00〜17:25
形式 : ショートセッション
受講スキル :
どなたでもOK
受講者が
得られるで
あろう知見
どなたでもOK

セッションの内容
デバイスの高解像度化が進むなか、フォントへの注目や期待が高まっています。
デジタルデバイスがどんなに周りに溢れても、モリサワは62.5mm四方の方眼紙への手書きを起点にした「モノ作り」を続けています。
国内流通シェアNo.1のモリサワが、手書きにこだわる理由。書体制作の舞台裏と、フォントにまつわるテクノロジーを誰にでも分かりやすくお話しします。


講演資料

  • C17_329.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


資料映像

講演者プロフィール

阪本 圭太郎

阪本 圭太郎
所属 : 株式会社モリサワ
部署 : デザイン企画部
経歴:
2008年モリサワ入社。フォント製品のプロモーションに従事し、「UD書体」や「TypeSquare(Webフォント)」などの新規プロジェクトの立ち上げを担当。
2012年には書体のコンテスト「タイプデザインコンペティション」を10年ぶりに再開し、国内外から新しいデザインを募る。近年は国内だけでなく、国際タイポグラフィ協会(ATypI)での講演などを通じ、モリサワの世界的な認知拡大に努める。2013年度グッドデザイン賞ゲスト審査委員。
《講演者からのメッセージ》

「フォント制作現場の裏側」をご紹介させていただきます。