ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


スマホ版「ダビスタ」の操作テンポと開発スピードを上げたUIフレームワークの作り方

タグ :
日時 : 8月31日(木) 13:30〜14:30
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : モバイル 
受講スキル :
ゲーム開発経験があるエンジニアの方、開発において複数人のエンジニアを率いる立場の方。または、そのような立場をこれから目指す方
受講者が
得られるで
あろう知見
中/大規模のスマホゲームにおけるUIフレームワークの設計思想、および、スマホゲームで必須となる機能の実装手法。

セッションの内容
25周年を迎えた「ダビスタ」をスマホゲームでリリースするにあたり、シミュレーションゲームならではの多数のUIを登場させつつ、サクサクとテンポよくプレイしてもらうことを実現させたUIフレームワークの作り方を紹介します。
また、現在のスマホゲームには必要な機能を効率よく作ることも目的としたUIフレームワークが、多人数の制作においてどのように作用して開発スピードを向上させたかも紹介します。


講演資料

  • C17_25.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

西村 拓也

西村 拓也
所属 : 株式会社ドリコム
部署 : ゲームデベロップメント部
経歴:
2014年株式会社ドリコムに入社。
これまでにゲームプログラマーとしてコンシューマーゲーム開発やcocos2d-x, Unityによるソーシャルゲーム開発に携わる。
《講演者からのメッセージ》

本セッションではアウトゲーム制作の中心となったUIフレームワークの設計部分について、ゲームの実画面やソースコードを用いて解説します。
これまでに携わったプロジェクトの全てはゲームプログラマー10名弱、開発期間1年以上の規模であるため、多人数でのゲーム制作の知見を伝えることができればと思います。