ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


バンダイナムコ流コーディングスタイルガイドラインを決めるまでの軌跡

タグ :
日時 : 2012/08/22(水) 14:00~14:30
形式 : ショートセッション(30分)
受講スキル :
コーディング規約の策定に興味がある方。
受講者が
得られるで
あろう知見
・コーディング規約に求められる要件
・コーディング規約の決め方

セッションの内容


バンダイナムコでは、歴史の長いタイトルを多く抱えているがゆえに、プロジェクトごとの閉鎖性が開発効率化の弊害になっていました。そこで、風通しを改善するべく"コーディング規約策定チーム"が結成されましたが、議論を重ねるうちに「はたして規約は本当に効果があるのか?」「むしろ弊害を招くのではないか?」と疑問の声があがり、規約を決めることは一度は頓挫しかけました。その後あらためて「何のために規約が必要なのか?」を問い直し、本当の目的を見つけ出すことで、全員が納得できる結論を導くことができました。



講演資料

  • 105_CEDEC2012-nada-BNGcodingstyle_0823.ppt

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

名田 幸司

名田 幸司
所属 : 株式会社バンダイナムコスタジオ
役職 : SNC技術課  主任

北海道大学卒業後、ナムコに入社。小型ビデオゲームを中心にプログラマとして関わる。バンダイナムコゲームスに統合された前後から、コードを書く第一線からは引いて、テクニカルアドバイザーを務めるようになる。現在はバンダイナムコスタジオにて、ソーシャルゲーム開発に携わる。モットーは「はい。喜んで!」