ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


教科書に載らない光学 ~魅力ある絵作りのために知っておきたい色光学豆知識~

タグ :
日時 : 2010年9月1日(水) 16:30~17:30
形式 : セッション(60分)
受講スキル :
カメラやレンズ、色の物理に興味のある方、テクニカルアーティスト、グラフィクス(特にカメラ)に関わるプログラマ。レンズについてある程度の知識があるとなお良い。
受講者が
得られるで
あろう知見
より魅力的な映像を作るためのカメラレンズや色の物理に関する知識 書籍などではあまり正確に説明されない光学パラメタの関係

セッションの内容

魅力あるカメラの動きやレンズに関わるエフェクトを実現するために知っておくと良いと思われる情報を紹介します。これまでにもレンズに関わるセッションは何回か行いましたので、まだあまり話題に出ていないものや、一般に常識とされていても実際には誤解されていることが多いと思われる概念の正しい捕らえ方などを紹介します。 一般に、ゲームやリアルタイムデモなどで魅力あるカメラを演出しようとすると、まず光学の書籍やWEB上の情報から知識を得て、それに基づいてさまざまな光学現象を実装したりカメラワークを表現することになります。しかし、このような方法でカメラを作ってみても、なかなか現実のカメラ/レンズの動作をリアルに再現することができません。現実のカメラは得てして教科書には載っていない挙動を示します。そして、理論値から外れたそのような得体の知れない挙動が、実は現実のカメラの絶妙なリアリティにつながっていることもあります。 また、書籍やWEBに載っている情報は、説明不足や近似計算のためにそれ自身が矛盾をはらんでいることもあります。カメラを実装するにあたって、そのような矛盾から「何を基準に計算すれば正しい解を得られるのか判らない」などといったこともよく起こります。 講師のこれまでの経験から、光学現象の表現にあたってエンジニアやアーティストが陥りやすい問題や、より魅力的なカメラを作るためのノウハウをお伝えします。


講演資料

  • C10_P0164.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

川瀬 正樹

川瀬 正樹
所属 : シリコンスタジオ株式会社
役職 : R&D統括本部 リード・ソフトウェアエンジニア/シェーダ・アーキテクト
「ダブル・スティール」シリーズのグラフィクスエンジンを開発。擬似(Fake)HDR/グレアフィルタなどのシェーダ技法を考案。現在は「シリコンスタジオ株式会社」にて研究開発に従事している。CEDEC/GDCなど技術講演多数。CEDEC AWARD 2009 プログラミング・開発環境部門ノミネート。