ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


モバイルVRゲームにAmbisonicsを実装してみた ~釣りスタVR(DayDream)でのサウンド事例~

タグ :
日時 : 2018年8月22日(水)16:30〜17:30
形式 : レギュラーセッション
受講スキル :
VR/Ambisonicsに興味がある方、Ambisonicsを使って何か作ってみたいと思う方
受講者が
得られるで
あろう知見
Ambisonicsとは何かという概要
Ambisonicsをゲームに使用することのメリット
Ambisonicsの収録からゲームに実装までの手順

セッションの内容
VR元年と呼ばれた2016年から2年弱、VRにおける3Dオーディオ技術についての研究や議論が多くなされてきました。今回は、その中でも注目を集めている「Ambisonics」について、「釣りスタVR」というDayDream向けVRゲームの実例を元にご紹介していきます。
Ambisonicsの録音方法から実装するにあたって工夫した点や考えたこと、反省点などを中心に、具体的な例をとともにお伝えできればと思います。



講演資料

  • CEDiL_1933_0.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

井上 幹

井上 幹
所属 : グリー株式会社
部署 : サウンドチーム
2013年グリー株式会社入社。サウンドチームでは、SEの制作やBGMの作編曲から全体のディレクション、サウンドデザインまで幅広く担当。「サラと毒蛇の王冠」「Tomb of the Golems」「乖離性ミリオンアーサーVR」「釣りスタVR」等のVRゲームのサウンドデザインを行う。また、ゲームサウンドに携わる傍、ベーシスト/ミキシングエンジニアとしても活動しており、自身のバンド「WONK」では2017年度CDショップ大賞ジャズ賞を受賞し、数々の国内外のフェス・イベントに出演している。
《講演者からのメッセージ》

Ambisonicsを実装する過程で工夫した点や考えたことなど、出来るだけ具体的にお伝えできたらと思います。