ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


Scriptable Render Pipeline を使ってみよう

タグ :
日時 : 2018年8月22日(水)13:30〜14:30
形式 : レギュラーセッション
受講スキル :
・Unity のグラフィックス機能に関する基本的な理解
受講者が
得られるで
あろう知見
・Scriptable Render Pipeline の基本的な使い方

セッションの内容
Unity 2018 で新たに追加された Scriptable Render Pipeline (以下SRPと略します)。
この機能を使う事でアプリケーション開発者が描画に関する処理のフローを C# スクリプトで記述出来るようになりました。

本講演では SRP の概要の説明から始まり、ハイエンド向けに Unity 社が用意した HDRP (High Definition Render Pipeline) の解説と、カスタムの SRP を構築する手順などについてお話しします。


講演資料

  • CEDiL_1857_0.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

黒河 優介

黒河 優介
所属 : ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
役職 : ディベロッパーリレーションエンジニア
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
エンタープライズコンサルティング
ディベロッパーリレーションズマネージャー/エンジニア

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社にて、大型タイトルサポートに従事。
最適化処理やバグに関するサポートを行っている
《講演者からのメッセージ》

Unityでは描画周りで歯がゆい部分に手が届かない状況にありました。SRPの登場により歯がゆいところにも手が届くようになりましたので、今回のセッションでは皆さんにそれをお伝えしたいと思います。

高橋 啓治郎

高橋 啓治郎
所属 : ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
役職 : エバンジェリスト
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
エバンジェリスト

エバンジェリストです。
《講演者からのメッセージ》

HDRPについてお話します。