ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


『NieR:Automata』でみるアクションのあれこれ

タグ :
日時 : 10月28日(土) 11:00~12:00
形式 : レギュラーセッション
受講スキル :
『NieR:Automata』をプレイ済みで、本作のアクションに興味を持った方
受講者が
得られるで
あろう知見
・触って気持ち良いアクションの考え方の一例
・アクションゲームシリーズ物を作る際の参考例
・シナリオ展開に合わせたアクションの変化例

セッションの内容
・開発のワークフロー、体制の概要
→どのような体制で制作を進めていたのか、ざっくりとした概要。

・アクションを作る際の事例
→どのような手法、考え方でNieR:Automataのアクションが作られたか。

・前作からの進化と維持
→前作から進化したもの、新たに追加したもの、維持したもの。そのさじ加減について。

・シナリオを邪魔しないアクション側の気遣い
→シナリオが重要視されるゲームにおけるアクションのあり方について。難易度や存在意義。


講演資料

  • KYC17_04.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

田浦 貴久

田浦 貴久
所属 : プラチナゲームズ株式会社
部署 : 開発本部
役職 : ゲームデザイナー
中途採用でプラチナゲームズに入社後、『MADWORLD』、『MAX ANARCHY』、『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』、『The Wonderful 101』、『The Legend of Korra』、『NieR:Automata』に携わる。
ゲームデザイナー(企画)職として、主にプレイヤーキャラクターや敵キャラクターのアクションに関するパートを担当。

根岸 功

根岸 功
所属 : プラチナゲームズ株式会社
部署 : 開発本部
役職 : ゲームデザイナー
2011年にプラチナゲームズに入社。ゲームデザイナーとして、『The Wonderful 101』『The Legend of Korra』『BAYONETTA on Wii U』『NieR:Automata』の開発に従事。主にレベルデザインを担当。