ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


Houdini for Technical Artists

タグ :
日時 : 9月1日(金) 17:50〜18:50
形式 : レギュラーセッション
受講スキル :
3D CG (モデリング・アニメーション・マテリアル・レンダリングなど) に関する初歩的な知識
受講者が
得られるで
あろう知見
プロシージャル方を元にしたコンテンツ制作と UnityやUE4との連携。

セッションの内容
Houdini の持つ強力なプロシージャル機能をゲーム制作に導入する開発スタジオが増えてきていますが、今回は、特にリアルタイムVFX の作成を中心に紹介いたします。


講演資料

  • C17_339.pptx

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


資料映像

講演者プロフィール

多喜 建一

多喜 建一
所属 : SideFX
部署 : 日本担当シニアマネージャー
経歴:
SideFX トロント本社において日本の Houdini ユーザ支援および営業・マーケティング・技術サポートの管理。2013年1月より現職。カナダ、トロント在住12年。過去4年間で3度のレギュラーセッションと数度のスポンサーセッションの経験あり。遠い昔には、別ソフトでの講演経験あり。
《講演者からのメッセージ》

今回は GDC 2017 での Andreas Glad 氏による講演 "Like a Mace to the Face: Leaving the Battlefield to go it alone" を逐次翻訳で紹介いたします。
リアルタイム VFX の作成事例と、海外スタジオで働くこと、そして独立してフリーランスとなることの体験談を紹介します。

Mike Lyndon

Mike Lyndon
所属 : SideFX
部署 : Sr. Technical Artist
経歴:
Mike Lyndon は、SideFX の Sr. Technical Artist の一人で、CGに関する幅広い経験を持ち、過去にCM、映画、ビデオゲームの制作に携わってきました。芸術的側面と技術的思考をより良くブレンドすることを念頭に、Ender's Game の雲の作成、Gears of War 4 での炎の作成、また Happy Feed 2 での雪崩に閉じ込められたペンギンの制作にも関わってきました。現在は SideFX にて、Houdini をリアルタイム映像制作向けに改良していくためのツール開発に携わっています。
《講演者からのメッセージ》

今回 CEDEC に参加でき、皆様の作品に接することが出来、うれしく思います。私はワークフローを効率化し、アセットの品質を向上させるためのツール開発に努めており、それを今回紹介することを楽しみにしています。