ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


過去のお約束を捨てることがVRの始まり ~ PlayStation®VR ヘディング工場のゲームデザインと演出

タグ :
日時 : 8月30日(水) 17:50〜18:50
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ PC 
受講スキル :
初めてVRのゲームを創る方
受講者が
得られるで
あろう知見
VRにおけるゲームザイン手法と演出方法

セッションの内容
PS VR 向けゲーム「ヘディング工場」のゲームザインや演出についてお話します。

弊社は2015年の東京ゲームショウ「インディーゲームコーナー」へ Oculus rift DK2 を用いて、プロトタイプのゲームを展示しました。それが弊社のVRゲーム制作の出発点であり「ヘディング工場」の始まりでした。

そこから現在までにおけるVRゲームならではのゲームデザイン手法や、演出などの手法について具体例を交えながらお話します。


講演資料

  • C17_194.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

北尾 雄一郎

北尾 雄一郎
所属 : ジェムドロップ株式会社
部署 : 代表取締役/スタジオディレクター
経歴:
パブリッシャーとして日本一ソフトウェア、ディベロッパーとしてトライエースにてプログラマーやプロデューサーとして様々なジャンルのゲーム開発に従事。2013年にゲーム制作スタジオ「ジェムドロップ」を設立。同社は家庭用、スマートフォン、VRと幅広い開発を得意とする。主な開発タイトルは「ヘディング工場 (PlayStation®VR)」「いけにえと雪のセツナ (NintendoSwitch/PS4/PSVita/Steam)」など。
《講演者からのメッセージ》

実験的なVRコンテンツではなく、製品としてデザインされたVRコンテンツやVRゲームがもっと増えて欲しいと思っています。そのための力になれればと思いますので、パッケージングされたVRコンテンツ制作のノウハウや、ヒントを求めている方は聴講いただけると幸いです。

増田 幸紀

増田 幸紀
所属 : ジェムドロップ株式会社
部署 : アートディレクター
経歴:
前職トライエースにて17年RPG制作に参加。『ヴァルキリープロファイル』のマップ制作や『スターオーシャン3』以降のオープニングムービー等の制作。近年ではブラウザゲームや『ファンタシースター ノヴァ』、『イグジストアーカイヴ』でアートディレクターとして参加。ジェムドロップ移籍後に『ヘディング工場』という謎ゲー制作に参加しRPG脳を粉砕、ちょっと不思議な世界観を作りました。うちの猫も参加してます。
《講演者からのメッセージ》

よろしくお願いします。