ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


ダカイせよ!大型アップデートによる、売れないゲームの再生術

タグ :
日時 : 9月1日(金) 17:50〜18:50
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : モバイル 
受講スキル :
・モバイルゲームの開発、運用に携わっている方
・モバイルゲームを長期運用するための手法、プロジェクトマネジメントの知見をお探しの方
受講者が
得られるで
あろう知見
・モバイルゲームを長期運用するためのプロジェクトマネジメント手法
・モバイルゲームにおいて大型アップデートを成功させる方法、またその有用性

セッションの内容
モバイルゲームは運用が大事である、ということは大分認知されてきました。
しかし、実際にリリースしても売上が立たず、サービス終了になるゲームが後を絶ちません。

「ジョーカー〜ギャングロード〜」と「グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜」はいずれも、リリース直後の売上が芳しくなく、その後の大型アップデートにより売上を伸ばすことに成功したタイトルです。

私たちはこの大型アップデートを『ダカイ』と呼んでいます。
2タイトルのダカイ成功事例から、モバイルゲームにおけるサービス撤退の判断の是非や、大型アップデート、長期運用を成功させる術をご紹介します。


講演資料

  • C17_209.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

黒岩 忠嗣

黒岩 忠嗣
所属 : 株式会社アプリボット
部署 : プロデュースDiv
役職 : 取締役
経歴:
1989年群馬県生まれ。
2012年サイバーエージェントへ入社し、同年9月にアプリボットへ出向。2015年5月よりアプリボット取締役に就任。
JOKER~ギャングロード~のダカイはディレクター(開発責任者)として、グリモア~私立グリモワール魔法学園~のダカイは総合プロデューサとして従事。
《講演者からのメッセージ》

ビジネス職、企画職向けの内容がメインとなりますが、モバイルゲームアプリの開発・運用に関わる人であれば、聞いて損の無い内容にします!

佐藤 裕哉

佐藤 裕哉
所属 : 株式会社アプリボット
部署 : プロデュースDiv
役職 : ゼネラルマネージャー
経歴:
1987年栃木県生まれ。
2010年 サイバーエージェント新卒入社。Ameba事業部で芸能人×スマホで事業やサービスをプロデュース。2012年 サイバーエージェント100%子会社のアプリボットに異動。「レジェンド オブ モンスターズ」や「Legend of the Cryptids」のプロデューサーを経て、「グリモア」のプロデューサーとして立ち上げから運用まで経験。現在ゼネラルマネージャーとして運用タイトルの責任者を務める。
《講演者からのメッセージ》

グリモアの立ち上げから運用までの経験の中で、特に運用中で【サービス終了の危機】から【トップセールス27位】まで大きく成長することができた過程を、いい面だけでなくリアルにお伝えできればと思います。

前田 貴文

前田 貴文
所属 : 株式会社アプリボット
部署 : プロデュースDiv
役職 : プロデューサー
経歴:
1985年名古屋生まれ。プロデュースDivプロデューサー
2010年 サイバーエージェント入社 Ameba配属にてスマホアプリ関連事業を経て、2012年 関連子会社アプリボット異動し、不良道 〜ギャングロード〜、ジョーカー〜ギャングロード〜のプロデューサー職へ。現在新規プロジェクトのプロデューサーとして鋭意開発中!
《講演者からのメッセージ》

玉石混交としたスマホゲーム市場において、リリース時点でほぼ勝敗が決まってしまうことが多いと思います。本講演では、リリース時点から復調したジョーカー〜ギャングロード〜を例にあげて、実際どんな体制で「ダカイ」をしたのか、生々しい現場の声をお伝えしたいと思います。
スマホゲームの運用に関わるプロデューサー、ディレクターの方はぜひ聞きにきてください。