ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル
ディライトワークス株式会社


ミキシングエンジニアがフェーダーを捨てた日 〜インタラクティブミキシングの現在と課題〜

タグ :
日時 : 8月26日(金) 15:10~16:10
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ PC 
受講スキル :
ゲームオーディオ製作に関わる全ての方々。オーディオミドルウエアを使用して製作をされている方々。
受講者が
得られるで
あろう知見
ゲームオーディオ製作の中で、「ミキシング」というフローが持つ役割を知ることができます。また、オーディオミドルウエアを使用した「インゲームミキシング」のアプローチを知ることができます。

セッションの内容
近年CAPCOMタイトルでは、インハウスエンジニアによるインタラクティブミキシングを製作フローに取り入れ、よりユニークなミキシングによるオーディオ表現を目指しています。このセッションでは、「BioHazard Umbrella Corps」を題材に、具体的なインタラクティブミキシングのアプローチをご紹介します。担当サウンドディレクターと共に、準備からファイナルミックス/マスタリングへの工程を解説し、得られた効果を試聴していただきます。セッション後半では、インゲームミキシングにおける課題をテーマに、今後の展望をディスカッションします。


講演資料

  • C16_129.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


講演者プロフィール

瀧本 和也

瀧本 和也
所属 : 株式会社カプコン
部署 : プロダクション部サウンド開発室
役職 : シニアサウンドエンジニア
1992年、東京のポスプロスタジオ業務に就き、放送、映画等のミキシングを経験後、1997年にカプコンに入社。
入社後はバイオシリーズ、モンスターハンターシリーズ等、カプコンのほぼ総てのタイトルに関わり、カットシーン・楽曲などのミキシング等を担当。近年はゲーム内のファイナルミックスも行う。また、ゲーム音響制作現場のシグナルリファレンス策定や、現場環境の整備、ゲームの発音に関するミキシングの視点からのアイデアを制作者と議論し、クオリティアップの下支えを行っている。

・AES-UK 35th International Conference Audio for Games / Techniques for building virtual worlds
・AES-Tokyo 40th International AES Conference / Spatial Audio
・CEDEC2013 / ゲームオーディオのダイナミックレンジ表現はコントロール可能か 〜ラウドネスメーターを使った実践と提言〜
・CEDEC2014/インタラクティブミックスによって生まれる次世代のオーディオ表現とは
・CEDEC2015/ユーザーのオーディオ再生環境へフィットさせるための挑戦 〜 動的なダイナミックレンジコントロールが可能にしたもの 〜
その他多数
《講演者からのメッセージ》

ゲームオーディオをミキシング技術の視点で捉え、そこから見えてきたものをお話しするセッションを過去数回にわたって行ってまいりました。
今回は、いくつかの成果が得られたプロジェクトを題材に、具体的な思想や手法をお話しします。
インタラクティブシーンにおけるミキシングアプローチは、まだまだ工夫の余地が多くあると感じており、現在でもたくさんの課題を抱えています。
セッション終了後に、聴講してくださった皆さまのご意見を是非お聞かせください。

北村 一樹

北村 一樹
所属 : 株式会社カプコン
部署 : プロダクション部サウンド開発室
役職 : サウンドディレクター
株式会社カプコン
CS制作統括プロダクション部サウンド開発室
サウンドディレクター

2008年株式会社カプコン入社。
【LOSTPLANET2】【謎惑館~音の間に間に~】【バイオハザード6】等のサウンドデザイナーを担当。
また、カプコン内製エンジン開発にテクニカルアーティストとして参加。
現在は【UMBRELLA CORPS】等タイトルにてサウンドディレクターを担当。
デザイン・ディレクション・ワークフロー改善やシステム設計、
プロダクトマネジメント等多岐にわたって業務を行っております。

<< 講演実績 >>
CEDEC2011
【カプコンサウンドが考える専門家との連携】
CEDEC2012 CEDEC業界研究フェア プログラム
【セッション3 仕事紹介 ~ ビジュアル・アーツ&サウンド ~】

その他
《講演者からのメッセージ》

久しぶりのCEDEC登壇になります。
今回は【サウンドデザイン】そのモノに焦点を当て、趣味や興味や知識を総動員して、面白おかしく講演を行いたいと思っております!
少しでも皆様のサウンド制作の糧になれば幸いでございます。

当日は宜しくお願い致します!