スポンサーリンク

モノビットエンジン公式サイト - 通信ミドルウェア&総合サーバパッケージ『モノビットエンジン公式サイト』

ゲスト 様

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル


Autodesk 3D & VR テクニカルセッション~モデリングしないでVRを作ってみよう!~

タグ :
日時 : 8月24日(水) 14:50~15:50
形式 : レギュラーセッション
受講スキル :
DCCツールやゲームエンジンを使ったことのない方でもご参加いただける内容です。
受講者が
得られるで
あろう知見
3ds Maxのクリエーショングラフを用いたプロシージャルモデリングフロー
RecapとMayaを使用したフォトグラメトリー3Dモデル作成術
StingrayゲームエンジンでのVRワークフローのセットアップ(カメラ、音、ライティング)

セッションの内容
話題のVRを試してみたいけれど、コンテンツの3Dモデルを作るのは大変そう・・・。

3Dモデルを作るのには手間がかかります。
やりたいことにたどり着くためにどうしても3Dモデルデータが必要ですが、3Dモデルを作ることばかりに時間を取られてしまって、やりたいことが出来ないと本末転倒です。
オートデスクの3D技術はハイエンド向けにプラスして、誰でも高品質な3Dデータを作れるように敷居を下げることにも注力しています。

オートデスクの最新ゲームエンジン「Stingray」を軸として、フォトグラメトリー、プロシージャルモデリングといった最新のテクノロジーを合わせることで、どこまで3Dデータが簡単に作れるようになっているかご紹介します。

簡単で効率的、高品質なデータを作ることにご興味ある方はぜひご参加ください。


講演資料

  • C16_242.pdf

※資料のダウンロードにはログインが必要です。


その他資料

講演者プロフィール

築島 智之

築島 智之
所属 : オートデスク株式会社
部署 : オートデスクコンサルティング
役職 : ソフトウェアエンジニア
以前はモデリングからアニメーション、レンダリング、カットシーン等様々なアートワーク作成およびテクニカルアーティストとしてMel、Python、APIを使用したツール製作まで幅広くゲーム開発に関わる。現在はMayaを主として多くのゲーム会社の技術的なサポート・コンサルティングを行っている。
《講演者からのメッセージ》

ホビーユーザーからプロフェッショナルの方まで、3Dのデータを楽して作りたいという願望をお持ちの方はぜひお越しください。

長谷川 真也

長谷川 真也
所属 : オートデスク株式会社
部署 : メディア&エンターテインメント
役職 : テクニカルスペシャリスト(Maya担当)
ゲーム制作会社でモーションデザインを経た後、建築設計事務所では意匠設計および3次元設計を担当、オートデスクでは様々な産業でMayaという3DCG製品を活用していただけるよう活動中。
《講演者からのメッセージ》

オートデスクのゲームエンジンに少しでも興味のある方、StingrayにおけるVR(ヴァーチャルリアリティ)と設定項目をチラ見しにお立ち寄り願います。